vSphere上のRHEL8の仮想マシンに新しいvNICを追加したら手動で対応が必要というお話

どうも、Tです。

検証中に仮想マシンにNICを追加したりするんですが、勝手に使えるようにはなりません。わかっていつつ、いつも忘れてしまうので備忘録です。

スポンサーリンク
アドセンス1

やりたいこと

OSインストール後のRHELにvNICを追加して使えるようにしたい。

環境

下記の環境で確認しています。

また、本記事にはあまり関係ありませんが、DHCPがある環境で確認しました。

  • vSphere ESXi:VMware ESXi, 7.0.3, 19482537
  • ゲストOS:Red Hat Enterprise Linux release 8.6

結果から

とりあえず、下記のコマンドでEthernet接続のNetworkManaer接続プロファイルを追加すると利用できるようになります。

# nmcli connection add con-name <コネクション名> ifname <インターフェース名>  type ethernet

[root@devrhel86 ~]# nmcli connection add con-name ens224 ifname ens224 type ethernet
接続 'ens224' (fdde3260-d885-4858-aa59-7f054cec087c) が正常に追加されました。

新しいvNIC追加後の状態

使っていたRHEL8の仮想マシンを停止し、新しいvNIC「ネットワークアダプタ2」を追加しました。

RHEL8を起動すると下記のような状態になっています。

「ip address show」コマンドでみると「ens224」としてデバイスとして認識されています。

[root@devrhel86 ~]# ip address show
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: ens192: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP group default qlen 1000
    link/ether 00:50:56:95:fc:5c brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.10.223/24 brd 192.168.10.255 scope global dynamic noprefixroute ens192
       valid_lft 171131sec preferred_lft 171131sec
    inet6 fe80::250:56ff:fe95:fc5c/64 scope link noprefixroute
       valid_lft forever preferred_lft forever
3: ens224: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP group default qlen 1000
    link/ether 00:50:56:95:0f:55 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
4: virbr0: <NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc noqueue state DOWN group default qlen 1000
    link/ether 52:54:00:d1:ac:6e brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.122.1/24 brd 192.168.122.255 scope global virbr0
       valid_lft forever preferred_lft forever

「nmcli connection show」には表示されません。

[root@devrhel86 ~]# nmcli connection show
NAME    UUID                                  TYPE      DEVICE
ens192  059f3027-3a35-4838-98a4-c0c3bfe747e3  ethernet  ens192
virbr0  2a99cf02-ef9a-4abf-8186-09c93b128b3e  bridge    virbr0

「nmcli」コマンドで見ると「切断済み」になっています。

[root@devrhel86 ~]# nmcli
ens192: 接続済み から ens192
        "VMware VMXNET3"
        ethernet (vmxnet3), 00:50:56:95:FC:5C, hw, mtu 1500
        ip4 デフォルト
        inet4 192.168.10.223/24
        route4 192.168.10.0/24 metric 100
        route4 default via 192.168.10.254 metric 100
        inet6 fe80::250:56ff:fe95:fc5c/64
        route6 fe80::/64 metric 1024

virbr0: 接続済み (外部) から virbr0
        "virbr0"
        bridge, 52:54:00:D1:AC:6E, sw, mtu 1500
        inet4 192.168.122.1/24
        route4 192.168.122.0/24 metric 0

ens224: 切断済み
        "VMware VMXNET3"
        ethernet (vmxnet3), 00:50:56:95:0F:55, hw, mtu 1500

lo: 管理無し
        "lo"
        loopback (unknown), 00:00:00:00:00:00, sw, mtu 65536

DNS configuration:
        servers: 192.168.10.51
        interface: ens192

「nmtui」コマンドには表示されていません。

「/etc/sysconfig/network-scripts/」配下にも設定ファイルはありません。

[root@devrhel86 ~]# ls -l /etc/sysconfig/network-scripts/
合計 4
-rw-r--r--. 1 root root 248  6月 29 18:03 ifcfg-ens192

新しいvNICを使えるようにする

下記のコマンドを実行してNetworkManaer接続プロファイルを追加する。

# nmcli connection add con-name <コネクション名> ifname <インターフェース名>  type ethernet

[root@devrhel86 ~]# nmcli connection add con-name ens224 ifname ens224 type ethernet
接続 'ens224' (fdde3260-d885-4858-aa59-7f054cec087c) が正常に追加されました。

新しいvNICにDHCPでIPアドレスが設定された。

[root@devrhel86 ~]# ip address show
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
valid_lft forever preferred_lft forever
inet6 ::1/128 scope host
valid_lft forever preferred_lft forever
2: ens192: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP group default qlen 1000
link/ether 00:50:56:95:fc:5c brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 192.168.10.223/24 brd 192.168.10.255 scope global dynamic noprefixroute ens192
valid_lft 169724sec preferred_lft 169724sec
inet6 fe80::250:56ff:fe95:fc5c/64 scope link noprefixroute
valid_lft forever preferred_lft forever
3: ens224: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP group default qlen 1000
link/ether 00:50:56:95:0f:55 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 192.168.10.226/24 brd 192.168.10.255 scope global dynamic noprefixroute ens224
valid_lft 172572sec preferred_lft 172572sec
inet6 fe80::b3bd:938e:24f1:9614/64 scope link noprefixroute
valid_lft forever preferred_lft forever
4: virbr0: <NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc noqueue state DOWN group default qlen 1000
link/ether 52:54:00:d1:ac:6e brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 192.168.122.1/24 brd 192.168.122.255 scope global virbr0
valid_lft forever preferred_lft forever

「nmcli connection show」でも正常に表示される。

[root@devrhel86 ~]# nmcli connection show
NAME UUID TYPE DEVICE
ens192 059f3027-3a35-4838-98a4-c0c3bfe747e3 ethernet ens192
ens224 fdde3260-d885-4858-aa59-7f054cec087c ethernet ens224
virbr0 2a99cf02-ef9a-4abf-8186-09c93b128b3e bridge virbr0

「nmtui」コマンドにも表示される。

「/etc/sysconfig/network-scripts/」配下に設定ファイルもできる。

[root@devrhel86 ~]# ls -l /etc/sysconfig/network-scripts/
合計 8
-rw-r--r--. 1 root root 248 6月 29 18:03 ifcfg-ens192
-rw-r--r--. 1 root root 282 6月 29 19:20 ifcfg-ens224

あとは、nmtuiでもnmcliでもIPアドレスなどを追加してあげると利用できるようになります。

参考

第7章 イーサネット接続の設定 Red Hat Enterprise Linux 8 | Red Hat Customer Portal
Access Red Hat’s knowledge, guidance, and support through your subscription.

NIC を追加して nmcli コマンドを駆使してIPアドレスを割り当てる|MEVIUS(メビウス) @日系IT企業 | マーケターときどきなんちゃってエンジニア|note
みなさん、こんにちは!Linux 学習すすんでいますか? この記事では nmcli コマンドに焦点をあてます。LinuC でも LPIC でもレベル1(102 試験)の試験範囲ですし、サーバーをスタンドアロンで使用することって少なくて、基本的に何かしら 1つは IPアドレスを持たせて通信させて使うので実務で大変重要で...

まとめ

なんか調べてると追加したあと自動的にnmtuiとかに表示されるパターンもあるのかな?

スポンサーリンク
アドセンス1
アドセンス1
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

フォローする