WSL2をWindows10に公式の手順でインストールする

どうも、Tです。

WSL2(Windows Subsystem for Linux 2)が正式リリースされたのでインストールしてみます。

WSL 2 と WSL 1 の比較
Linux 用 Windows サブシステムのバージョン 1 とバージョン 2 を比較します。 WSL 2 は、実際の Linux カーネルを実行し、速度とシステム コールの完全な互換性を高めます。 WSL 1 は、Windows と Linux の両方のファイル システムで作業している場合に適しています。

記事は色々あるのですが、なんか手順が微妙に異なっているので公式情報をベースにインストールしてみました。

Windows Subsystem for Linux (WSL) を Windows 10 にインストールする
Windows 10 に Linux 用 Windows サブシステムをインストールする方法について説明します。 Windows 10 は、バージョン 2004、ビルド 19041 以上に更新する必要があります。
スポンサーリンク
アドセンス1

事前知識

WSL2の直接インストール不可

WSL2を直接インストールできないようです。下記の流れでWSL2をインストールしていきます。

  1. WSL1インストール
  2. WSL2に更新
  3. Linuxディストリビューションインストール

Windows10は、バージョン 2004、ビルド 19041 以上必要

WSL2は、バージョン 2004、ビルド 19041 が必要です。

現在のWindows10はバージョン1903、ビルド18362なので手順の途中でアップデートを行います。

ディストリビューションの選択

2020年6月時点で、下記のディストリビューションが対応していました。

今回は、Ubuntu 20.04 LTSをインストールしてみます。

名称 価格
Ubuntu 16.04 LTS 無料
Ubuntu 18.04 LTS 無料
Ubuntu 20.04 LTS 無料
openSUSE Leap 15.1 無料
SUSE Linux Enterprise Server 12 SP5 無料
SUSE Linux Enterprise Server 15 SP1 無料
Kali Linux 無料
Debian GNU/Linux 無料
WSL のための Fedora リミックス ¥1,150 (税込)
Pengwin ¥2,350 (税込)
Pengwin Enterprise ¥11,700 (税込)
Alpine WSL 無料

WSL1とWSL2の違い

WSL1とWSL2の違いです。二つは共存して利用できるので必要なディストリビューションを必要な機能で動かせばいいですね。

WSL 2 と WSL 1 の比較
Linux 用 Windows サブシステムのバージョン 1 とバージョン 2 を比較します。 WSL 2 は、実際の Linux カーネルを実行し、速度とシステム コールの完全な互換性を高めます。 WSL 1 は、Windows と Linux の両方のファイル システムで作業している場合に適しています。

WSL2の準備からインストール

WSL1インストール

PowerShellを管理者モードで実行して下記のコマンドを実行します。

dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

Windows10を再起動します。

WSL2に更新

Windows のバージョン更新

下記のURLにアクセスして、Windows10 May 2020 Updateを適用します。「今すぐアップデート」をクリックします。

Windows 10 のダウンロード

ダウンロードされたファイルをダブルクリックします。

「今すぐ更新」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

更新プログラムの準備が開始されます。

更新が終わったら「今すぐ再起動」をクリックします。

再起動後、winverコマンドで確認すると更新が行えていることをが確認できます。

仮想マシン プラットフォームオプション機能有効化

仮想マシン プラットフォーム”のオプション コンポーネントを有効します。

PowerShellを管理者モードで実行して下記のコマンドを実行します。

dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

Windows10を再起動します。

WSL 2 を既定のバージョンとして設定

新しい Linux ディストリビューションをインストールするときに WSL 2 を既定のバージョンとして設定します。

PowerShellを管理者モードで実行して下記のコマンドを実行します。

wsl --set-default-version 2

実行すると下記のメッセージが表示されてしまいます。

WSL 2 を実行するには、カーネル コンポーネントの更新が必要です。詳細については https://aka.ms/wsl2kernel を参照してください

WSL2内のLinux カーネルを更新する必要があります。下記のサイトにアクセスして、「x64マシン用の最新のWSL2 Linuxカーネル更新プログラムパッケージをダウンロード」をクリックしてパッケージをダウンロードします。

Windows Subsystem for Linux (WSL) を Windows 10 にインストールする
Windows 10 に Linux 用 Windows サブシステムをインストールする方法について説明します。 Windows 10 は、バージョン 2004、ビルド 19041 以上に更新する必要があります。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。

アップデートが始まるので「Next」をクリックします。

「Finish」をクリックします。

PowerShellを管理者モードで実行してもう一度下記のコマンドを実行します。

wsl --set-default-version 2

下記のメッセージとなり、WSL2が利用できるようになりました。

WSL 2 との主な違いについては、https://aka.ms/wsl2 を参照してください

Linuxディストリビューションインストール

ディストリビューションインストール

Linuxをインストールしていきます。今回は、Ubuntu 20.04 LTSをインストールします。

下記のURLにアクセスし、「入手」をクリックします。

Ubuntu 20.04 LTS を入手 - Microsoft Store ja-JP
Windows 10 向けの Microsoft Store からこのアプリをダウンロードします。スクリーンショットを確認し、最新のカスタマー レビューを読んで、Ubuntu 20.04 LTS の評価を比較してください。

マイクロソフトストアが開くので再度「入手」をクリックします。

インストールが完了すると起動ボタンが表示されるのでクリックします。

ディストリビューション設定

セットアップ画面が起動します。ユーザー名とパスワードを入力します。

その他

WSLバージョンの確認

PowerShellで下記のコマンドを実行するとディストリビューションが動いているWSLのバージョンが確認できます。

wsl --list --verbose

WSLバージョン変更

下記のコマンドでWSLのバージョンを変更することができます。

wsl --set-version <distribution name> <versionNumber>

<distribution name> は、お使いのディストリビューションの実際の名前に必ず置き換えてください。<versionNumber> は、数字の “1” または “2” に置き換えてください。 上記と同じコマンドで “2” を “1” に置き換えて実行することにより、いつでも WSL 1 に戻すことができます。

参照

Windows Subsystem for Linux (WSL) を Windows 10 にインストールする
Windows 10 に Linux 用 Windows サブシステムをインストールする方法について説明します。 Windows 10 は、バージョン 2004、ビルド 19041 以上に更新する必要があります。

まとめ

ちょこちょこ環境整備を進めていきたいところです。

WSL向けのCentOS出てほしいけど、出てこないのが悲しい・・・。

スポンサーリンク
アドセンス1
アドセンス1
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

フォローする