【Googleアドセンス】広告をクリックされていなくても収益があがる?CPC・CPM・CPEの違い

どうも、Tです。

Googleアドセンスの管理画面を見ているとクリックされていないのに収益が増えている場合があることに気づいた人もいのではないでしょうか。

Googleアドセンスは、広告をクリックしたら収益が発生するクリック単価広告(CPC)の認識が広く伝わっていますが、クリック単価広告以外の単価広告があります。

その違いについての備忘録です。

スポンサーリンク
アドセンス1

収益が発生する種類

収益が発生する4種類

Googleアドセンスの収益を上げる種類は、今現時点で下記の4つがあります。

  • クリック単価(CPC)
  • インプレッション単価(CPM)
  • アクティブビューのインプレッション単価(アクティブビューのCPM)
  • エンゲージメント単価(CPE)

クリック単価(CPC)とは?

Cost Per Clickの略でCPCと呼びます。

一番有名な「広告をクリックしてくれたら収益が発生」するタイプです。

AdSenseヘルプも紹介しておきましょう。

クリック単価(CPC)

クリック単価(CPC)は、ユーザーの 1 回の広告クリックから得られる収益額です。広告のクリック単価は広告主が決定し、宣伝内容に応じて競合広告より高いクリック単価が支払われる場合もあります。

引用元:AdSenseヘルプ

つまり、クリック数が増えると収益が増えます。

インプレッション単価(CPM)とは?

Cost per Milleの略でCPMと呼びます。

「ブラウザに広告が表示されると収益が発生するタイプです。

この広告の場合は、クリックされても収益は発生しません。

AdSenseヘルプも紹介しておきましょう。

インプレッション単価とは、「表示回数 1,000 回あたりの単価」です。 インプレッション単価広告を掲載する広告主様は、表示回数 1,000 回あたりに支払う価格を設定し、広告を表示するプレースメントを選択します。料金は広告が表示された回数に応じて発生します。

引用元:AdSenseヘルプ

つまり、広告の表示回数が多ければ収益が増えます。

アクティブビューのインプレッション単価(アクティブビューのCPM)とは?

アクティブなCPMを指します。

「広告の少なくとも50%が最低1秒間ブラウザに表示されると収益」が発生するタイプです。

この広告の場合は、クリックされても収益は発生しません。

最初よくわからなかったのですが、ヘルプを見てわかりました。

アクティブ ビューのインプレッション単価(アクティブ ビューの CPM)入札では、広告主様は表示可能な 1000 回のインプレッションに入札しますが、表示可能と判断されたインプレッション(つまり、広告の少なくとも 50% が最低 1 秒間画面に表示された場合)のみ支払います。

引用元:AdSenseヘルプ

エンゲージメント単価(CPE)とは?

Cost Per Engagementの略でCPEと呼びます。

「広告を操作する・マウスカーソルを乗せるなどアクションがあった場合に収益が発生する」タイプです。

AdSenseを見たときは広告をクリックされた場合なのか?と勘違いしました。

エンゲージメント単価(CPE)

エンゲージメント単価(CPE)制では、ユーザーが広告に反応してエンゲージメントが発生した場合のみ料金が発生します。たとえば、広告主様はライトボックス広告(大きなサイズに展開可能なエキスパンド広告の一種)の費用をエンゲージメント単価に基づいて支払います。ライトボックス広告に対するユーザー エンゲージメントが発生した場合(広告に 2 秒間カーソルを合わせて広告を展開した場合など)は、サイト運営者様の収益が発生します。

引用元:AdSenseヘルプ

Adwordsのヘルプを見てしっくりきました。

広告をクリックするのではなく、広告範囲内で何かしらのアクションを行えば収益対象となります。

エンゲージメント単価とは、広告に対するユーザー エンゲージメントが発生するごとに課金されるシステムです。エキスパンド広告(展開可能な広告)の場合は、ユーザーがカーソルを合わせる、クリックする、またはタップすることで広告を展開し、コンテンツが読み込まれてユーザーがそれを目にするのに十分な時間が経過した段階で、ユーザー エンゲージメント発生と見なされます。事前に展開されているタイプの広告(インタースティシャルなど)の場合は、広告が表示された後にユーザーが関心を示す操作を行った段階でユーザー エンゲージメント発生と見なされます。

引用元:AdWordsヘルプ

この動画にある感じの広告ですが、そもそも見る機会がほぼないです。

まとめ

というわけで、それぞれによって収益が発生する条件・タイミングが違うためクリックされていない場合も収益が発生するのは異常ではない。

  • クリック単価(CPC)
  • インプレッション単価(CPM)
  • アクティブビューのインプレッション単価(アクティブビューのCPM)
  • エンゲージメント単価(CPE)

基本的にはクリック単価を上げていくのが、一番いいがいずれにしてもサイト訪問者を増やさないといけないのでコンテンツを充実させるのが一番よさそうですね。

スポンサーリンク
アドセンス1
アドセンス1
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

フォローする