TWSNMP(SNMP)マネージャーでSNMP Trapを受信する

どうも、Tです。

開発や構築しているときに、SNMPトラップ通知を受け取るSNMPマネージャーが手軽に欲しいときありますよね。Linuxやがっつり監視サーバーを構築するのもありですが、SNMPトラップ受信の確認をサクッとできるTWSNMPを使ってみます。

スポンサーリンク
アドセンス1

やりたいこと

TWSNMPをインストールしてSNMPトラップを受信する。

TWSNMP紹介

TWSNMPマネージャは、個人の方が開発しているフリーソフトウェアになります。2011年から開発されていなかったのですが、2020年に復刻版として新しく誕生していました。

TWSNMPマネージャ Twise Labo, Inc.

復刻版からの詳しい使い方は、製作者がNoteにまとめてくれています。

TWSNMPの使い方|twsnmp|note
TWSNMPのマニュアルをnoteを使って書いているマガジンです。noteを使えば、画像、動画、ファイル、ソースコード、文書をうまく組みわせて、楽しくマニュアルが書けるように思っています。

環境

TWSNMPインストール先:Windows Server2019

復刻版からの推奨環境はWindows10となっています。Windows Server2019でも一応動きましたが、インストール後起動しないものもあったのでご注意ください。

TWSNMPインストール

下記からインストーラをダウンロードします。

TWSNMPマネージャ Twise Labo, Inc.

ZIPファイルがダウンロードされるので、展開したフォルダのインストーラファイルをダブルクリックします。

Defenderで警告がでるので「詳細情報」をクリックします。

「実行」をクリックします。

「使用許諾契約書に同意します」にチェックをいれ「インストール」をクリックします。

インストールが終わったら「完了」をクリックします。

「TWSNMP」をクリックします。

起動したら「新規」をクリックします。

TWSNMPが仕様するデータベースファイルの保存先をとファイル名を決定して「保存」をクリックします。2回目以降は、起動画面の開くからこのデータベースファイルを指定します。

起動しました。

TWSNMP設定

マップ設定

最初にマップ設定を行います。

TWSNMPのマップ設定|twsnmp|note
TWSNMPのマップの名前や背景画像、ポーリングのデフォルト設定、 Syslogの受信などの設定を行うマップ設定について説明します。猫は、動画の作成時にそばにいましたが解説したのが遅すぎて音声が入っていません。今、何か騒いでいるので中断してお世話してきます。 マップ設定ダイアログの表示 マップ設定のダイアログは、...

空白の部分で右クリック->「マップ設定」をクリックします。

マップの名前などを設定します。ここで「SNMP Trap」を「Enable」にし、「Save」をクリックします。

マップの名前が反映されました。

監視ノードの登録

監視ノードを追加します。「自動発見」「手動登録」の2種類があります。今回は手動登録を使いますが、自動発見も紹介だけしておきます。

自動発見

TWSNMPの自動発見|twsnmp|note
TWSNMPにはIPアドレスの範囲を指定して自動的に監視対象のノード(パソコン、ネットワーク機器、スマフォなど)を発見する機能があります。この自動発見について説明します。 自動発見の起動方法 自動発見は、ツールバーのボタンからは起動できません。必ずマップ上の最初のノードを配置したい位置で右クリックしてメニューから...

「空白で右クリック」->「自動発見」をクリックします。

ここで開始IPと終了IPを入力して、Startをクリックするとノードの登録が始まります。

手動登録

手動登録は特定のノード追加に使います。

「空白を右クリック」->「新規ノード」をクリックします。

ノードに関する情報を入力し「Save」をクリックします。

ノードが追加されました。

ポーリング設定

SNMPトラップ受信に必須ではりませんが死活監視だけしておきます。「ノードを右クリック」->「ポーリング」をクリックします。

「新規」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

種別をPINGのまま任意の名前を付けて「Save」をクリックします。

ポーリング(PING)の定義ができました。「閉じる」をクリックします。

数秒程度でTWSNMPマネージャーから監視ノードにpingが行えていればノードのアイコンが緑色になります。

Trap確認

SNMPトラップ状況の確認方法です。事前に、他の機器などからSNMPトラップを飛ばしておきます。

上部にある「ログ表示」をクリックします。

「SNMP Trap」タブをクリックすると受信できていることを確認できます。ここの画面はリアルタイム更新されません。また、デフォルトで2時間という短い時間でフィルタリングされてます。

この画面を出したままトラップ確認するときは、画面下部の検索を随時クリックしてください。

MIB追加

復刻版でMIBファイルの取り込が行えるようになっていました。

TWSNMPのSNMP拡張MIB対応|twsnmp|note
TWSNMPに拡張MIBを読み込むための方法を説明します。標準的なMIBは、予め組み込まれているので普通に使う場合は、追加で読み込む必要はありません。 TWSNMPの復刻版を作る時、SNMPの拡張MIBに対応することはあきらめていました。でも、よいパッケージ sleepinggenius2/gosmiPars...

上部の「MIBデータベース」をクリックします。

「MIB追加」をクリックします。

追加するMIBファイルを選択して開くをクリックします。

追加したMIBはリストに表示されます。削除するときは、リストからMIBを選択して、「MIB削除」をクリックで削除できました。

参考

TWSNMPマネージャ Twise Labo, Inc.
twsnmp|note
私は、TWSNMP Managerの開発者です。 20年以上前に作ったソフトを、今も多くの人に使っていただけて、幸せに思っています。 2019年末から新しい技術でTWSNMPの復刻版を開発しました。 2021年からコンテナ環境で使えるTWSNMP FCを開発しています。
TWSNMPの使い方|twsnmp|note
TWSNMPのマニュアルをnoteを使って書いているマガジンです。noteを使えば、画像、動画、ファイル、ソースコード、文書をうまく組みわせて、楽しくマニュアルが書けるように思っています。
GitHub - twsnmp/twsnmp: TWSNMP Manager
TWSNMP Manager. Contribute to twsnmp/twsnmp development by creating an account on GitHub.
「TWSNMP」の使い方
フリーのSNMPツール「TWSNMP」の使い方

まとめ

復刻版で動きがちょっとモッサリな感じもしますが、手軽にSNMPの確認が行えるのはいいですね。

スポンサーリンク
アドセンス1
アドセンス1
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

フォローする