【vSphere】仮想マシンクローンのカスタマイズがうまく動かないときに確認した方がよいこと

どうも、Tです。

仮想マシンのクローンしていますか?仮想マシンのカスタマイズ仕様使っていますか?

vSphereの仮想マシンクローン時にクローンしたゲストOSのホスト名やIPアドレス、スクリプトを自動実行してくれたり非常に便利な機能ですが、これを使う要件があります。

毎度調べるの苦手なので、Linuxの要件についてまとめました。

スポンサーリンク
アドセンス1

LinuxのゲストOSカスタマイズ要件

VMware Toolsの要件

クローンにゲストOSをカスタマイズするのは、最新バージョンのVMware Toolsが仮想マシンまたはテンプレートにインストールされている必要があります。

Linuxの場合は、open-vm-toolsパッケージを導入します。

VMware Knowledge Base

ToolsのバージョンはVMware Product Interoperability Matricesから確認するようにしましょう。

VMware Product Interoperability Matrices

実際のところVMware Toolsが最新でなくても動いてしまうのですが、問題が行ったときにサポートから最新に上げるよう案内が来る可能性があります。

VMware Toolsを最新に保っておくことは運用上も理想の形なので、可能な限り上げるようにしておきましょう。

仮想ディスクの要件

ゲストOSがインストールされているディスクはSCSI(0:0)である必要があります。

仮想マシンの設定から、ゲストOSをインストールしているディスクがSCSIコントローラ0の1つ名のディスク(0番)にインストールされていることを確認しましょう。

パッケージの要件

LinuxのゲストOSをカスタマイズするには、ゲストOSにPerlがインストールされている必要があります。

割と失念してしまうところです。バージョン指定はないのでPerlをインストールしておきましょう。

ゲストOSカスタマイズサポートの確認

そもそもゲストOSがサポートされていないとだめです。

動作しているvSphere環境でサポートされているゲストOSをVMware Compatibility Guideで確認しておきましょう。

VMware Compatibility Guide - Guest/Host Search

要件じゃないけど気を付けていること

要件ではないですが、仮想マシンクローンとカスタマイズを行うときに気を付けていることです。僕は、検証環境の準備に仮想マシンクローンを多用するので、その目的に沿った考え方です。全般に適用できるルールではないのでご注意ください。

シンプルなテンプレートマシンを準備する

僕は検証マシンを増やす際に、クローンを多用しています。その際は、テンプレート仮想マシンからクローンを行いますが、テンプレート仮想マシンは可能なかぎりシンプル構成にしています。

仮想マシンハードウェア

テンプレート用の仮想マシンを作成する際に、可能な限り最小の構成で組んでいます。より大きなリソースが必要な場合は、クローン時もしくはクローン後に使っている中で増やしていきます。そうすることで、不用意に無駄なリソースを使わないようにしています。

  • CPU:1ソケット1コア
  • メモリ:2GB
  • ネットワークアダプタ:1つ
  • SCSIコントローラ:1つ
  • ハードディスク:50GBを1つ

このあたりは、テンプレートの用途によるので使いやすい構成を用意しておきます。

ゲストOSの設定

こちらも最低限の設定にしています。

  • Minimalインストール
  • 最低限必要なパッケージのみ導入(perl)
  • Firewalld無効
  • SELinux無効
  • テンプレート用IPアドレス設定(yum updateに利用)
  • 時刻同期設定
  • DVDリポジトリ設定

CD/DVDドライブはクライアントデバイス

CD/DVDドライブは「クライアントデバイス」「パワーオン時に接続しない」ようにしています。データストアなどに接続しているとクローン時にエラーの原因になる可能性があるのと、もしISOがマウントされてしまった場合、起動時にOSのインストーラなどが起動しないようにするための対処です。

ネットワークアダプタは、自動接続しない

ネットワークアダプタは、「パワーオン時に接続しない」ようにしています。

カスタマイズでIPアドレス変更したとに自動起動、自動接続で既存のIPとバッティングしていない目をみたので、OS起動後に設定されているIPを確認してネットワークにつなぐようにしています。

参考

ゲスト OS のカスタマイズ要件
ゲスト OS をカスタマイズするには、VMware Tools および仮想ディスクの要件を満たすように仮想マシンとゲストを構成する必要があります。ゲスト OS のタイプに応じて、その他の要件が適用されます。

まとめ

このあたりも銀の弾丸はないので、環境にあったテンプレート・カスタマイズの使い方を考え続けるしないですね。でも、カスタマイズ使っている率少なそうなんだよなぁ・・・・。

Windows版も作り方ったけど、最近あまり触る機会ないのでおいおい更新します・・・。

スポンサーリンク
アドセンス1
アドセンス1
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

フォローする