【vSphere】VMRC(VMware Remote Console)リンクが、VMware Workstationで開いてしまう

どうも、Tです。

vSphere環境とVMware Workstation Pro/Playerを使っている場合に、VMRC(VMwareりもーコンソール)が強制的にWorkstationで開いてしまう事象に嫌気がさしたので解決方法の備忘録です。

スポンサーリンク
アドセンス1

環境

  • vSphere 7.0u2
  • Workstation Pro 16
上記の環境で確認していますが、この問題自体はVMRCから存在した時代からあるように思います。またWorkstation Playerでも発生します。

問題

vSphere Clientを使用して仮想マシンのリモートコンソールを表示するときに下記のようにVMRCが開きます。(VMware Remote Consoleをインストールしている場合)

Workstation Pro/PlayerをインストールするとWorkstationを使用して開かれます。

原因

Workstationをインストールすることで、vmrcのレジストリが書き換えられることが原因です。

Workstationインストール前の状態

Workstationをインストールする前は、下記2つのレジストリの規定値は下記のようになってします。

HKEY_CLASSES_ROOT\vmrc\DefaultIcon

"C:\Program Files (x86)\VMware\VMware Remote Console\vmrc.exe",0

HKEY_CLASSES_ROOT\vmrc\shell\open\command

"C:\Program Files (x86)\VMware\VMware Remote Console\vmrc.exe" "%1"

Workstationインストール後の状態

Workstationをインストールすると下記のように書き換えられます。

HKEY_CLASSES_ROOT\vmrc\DefaultIcon

"C:\Program Files (x86)\VMware\VMware Workstation\vmware.exe",0

HKEY_CLASSES_ROOT\vmrc\shell\open\command

"C:\Program Files (x86)\VMware\VMware Workstation\vmware.exe" "%1"

解決方法

書き換えられた下記2つのレジストリをインストール前の「vmrc.exe」があるパスへ書き換えてあげれば元通り、VMRCでリモートコンソールが開けるようになります。OSの再起動などは不要です。

HKEY_CLASSES_ROOT\vmrc\DefaultIcon

"C:\Program Files (x86)\VMware\VMware Remote Console\vmrc.exe",0

HKEY_CLASSES_ROOT\vmrc\shell\open\command

"C:\Program Files (x86)\VMware\VMware Remote Console\vmrc.exe" "%1"

参考

https://vmware247.rssing.com/chan-17380949/all_p3905.html
"Launch Remote Console" wrongly launches VMWare Workstation in vSphere Web - Qiita
Symptom When clicking "Launch Remote Console" in vSphere, VMWare Workstation vmware.exe launches instead of vmrc.e...

まとめ

DefaultIconのほうだけ書き換えるだけでも大丈夫でしたが、よくわからんので2つとも書き換えました。今までモヤッとしてすごいてしましたが、とりあえずすっきり。

スポンサーリンク
アドセンス1
アドセンス1
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

フォローする