【FreeNAS】watchdog timeout — resettingで起動しない

どうも、Tです。

FreeNASのインストール後に起動しない問題が発生しました。

なんか面倒くさい対応で忘れそうなので備忘録。

スポンサーリンク
アドセンス1

事象

インストール後の再起動で、下記のメッセージが表示されFreeNASが起動しない。

bge0:watchdog timeout — resetting
bge0:link state changed to DOWN
bge0 link state up -> down
bge0:link state changed to UP
bge0 link state down -> up

参考画像

環境

  • 機器:HP ML110G6
  • FreeNAS:FreeNAS-11.2-U3

iLOは、Detectedで設定済み。

対応

よくわからん動作ですが、bge0のLinkUpが検知されるとまずいので、一旦すべてのネットワークケーブルを抜いて起動します。

そうすると起動するので、シェルを起動して「/boot/loader.conf」をviで開きます。

「hw.bge.allow_asf=”0″」を追記します。

これで再起動すると症状が発生しなくなります。

参考

起動直後からこのような問題がでるのはiLOなどの管理モジュールが関連していそうではありますが、具体的にどの設定が正しいのかはわからんですね・・・。

負荷によっても類似事例があったり・・・・。

とりあえず、参考にさせていただいたサイトは、下記になります。

watchdog timeout と表示されて内蔵NICが使えない|FreeBSD|@OMAKASE
最近リリースされた FreeBSD10 をInstallしたのですがインストール...
ログイン - PukiWiki

スポンサーリンク
アドセンス1
アドセンス1
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

フォローする