「Micrrosoft 365のサブスクリプションで問題が発生しました。問題の解決にご協力ください。」が表示される

どうも、Tです。

Microsoft 365のライセンス関係で警告がでました。再度出たとき完全に忘れてそうなので備忘録です。

スポンサーリンク
アドセンス1

問題

Office365からMicrosoft 365へライセンス移行を行ったあと、Excel、Word、PowerPoinotなどのOffice製品の「アカウント」画面の「製品情報」に黄色の背景色で「Micrrosoft 365のサブスクリプションで問題が発生しました。問題の解決にご協力ください。」が表示されました。

上記は問題解決した後の画面です。問題発生時のスクショを取り忘れました・・・・。

解決方法(ライセンス認証状態のリセット)

「Microsoft 365 Apps for enterprise のライセンス認証の状態をリセットする」へアクセスします。

Microsoft 365 Apps for enterprise のライセンス認証の状態をリセットする - Office
Office 365 ユーザーがアクティブ化された後、ライセンス認証をリセットするか、クリーンな状態にインストールするには、4 つの場所をクリアする必要があります。

「OLicenseCleanup.vbs」をクリックしてダウンロードします。

OLicenseCleanup.zipを展開し、中に入っているOLicenseCleanup.VBSをダブルクリックして実行します。

ちらっと実行画面が出てきますが、一瞬で終わりました。

警告メッセージが消えて正常な状態に戻りました。再度サインインなどの処理も必要ありませんでした。

解決方法(Officeの再インストール)

マイクロソフトに問い合わせていたのですが、上記で改善しない場合はOfficeのアンインストールと再インストールでも有効なようです。

Micorosoft365をコントールパネルなどから削除できない場合やレジストリ含めた完全削除の場合は、OffScrubを用いてアンインストールする方法を教えてもらったので記載しておきます。

OffScrubを用いたアンインストール

1. OfficeDev/Office-IT-Pro-Deployment-Scriptsへアクセスする。

2. [OffScrubc2r.vbs] をクリックする。
3. OffScrubc2r.vbs のソース コードが表示されるので、上部にある [Raw] ボタンする。
4. ソース コードをCtrl + A で全選択状態とした後、Ctrl + C でコピーする。
5. メモ帳を起動し、Ctrl + V でペーストし保存する。(文字コードUTF-8、ファイル名OffScrubC2R.vbs)
6. 保存した [OffScrubC2R.vbs] をダブル クリックし実行する。
7. アンインストール後にOS再起動する。

再起動後、Officeを再インストールです。

まとめ

ライセンスの変更はもうゴリゴリ・・・。

スポンサーリンク
アドセンス1
アドセンス1
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

フォローする