【PowerCLI】リソースプールの操作

どうも、Tです。

Power CLIを使ってリソースプールの操作を行ってみました。

スポンサーリンク
アドセンス1

やりたいこと

vSphere Clientでいうと下記のリソースプール関連に関しての操作を行います。

リソースプールの取得

すべてのリソースプール

形式

Get-Resourcepool

サンプル

 Get-Resourcepool | Format-Table -AutoSize -Wrap

vCenter配下のリソースプールが表示されます。Resourcesは、クラスタのルートリソースプールを表しています。この時は、クラスタが2つあったためResourcesが2つ表示されています。

指定のクラスタのリソースプール

形式

Get-Resourcepool -Location <クラスタ名>

サンプル

Get-Resourcepool -Location testCluster | Format-Table -AutoSize -Wrap

クラスタオブジェクトを変数で指定することにより、指定したクラスタ配下のリソースプールを取得できます。

指定の名前のリソースプール

形式

Get-Resourcepool -Name <リソースプール名>

サンプル

Get-Resourcepool -Name cls1-pool01 | Format-Table -AutoSize -Wrap
Get-Resourcepool -Name cls1* | Format-Table -AutoSize -Wrap

ワイルドカード使えます。

特定の仮想マシンが含まれるリソースプール

形式

Get-Resourcepool -VM <仮想マシン名>

サンプル

Get-Resourcepool -VM ubuntu01 | Format-Table -AutoSize -Wrap
Get-Resourcepool -VM ubuntu* | Format-Table -AutoSize -Wrap

ワイルドカード使えます。指定の仮想マシンが含まれるリソースプールを取得できます。

リソースプールの作成

クラスタ配下にリソースプール作成

形式

New-ResourcePool -Location <クラスタ名> -Name <リソースプール名>

サンプル

New-ResourcePool -Location testCluster -Name cls1-pool03

オプションを指定せず作成するとデフォルト値で作成されます。

指定できるオプションと対応する設定について記載しておきます。

オプション 設定値 項目
-CpuExpandableReservation $true / $false CPUの予約タイプ
-CpuLimitMhz 数値 CPU制限
-CpuReservationMhz 数値 CPU予約
-CpuSharesLevel High:高

Normal:標準

Low:低

Custom :カスタム

CPUシェア
-MemExpandableReservation $true / $false メモリ予約タイプ
-MemLimitGB 数値 メモリ制限GB指定
-MemLimitMB 数値 メモリ制限MB指定
-MemReservationGB 数値 メモリ予約GB指定
-MemReservationMB 数値 メモリ予約MB指定
-MemSharesLevel High:高

Normal:標準

Low:低

Custom :カスタム

メモリシェア
-NumCpuShares 数値 CPUシェア値
-NumMemShares 数値 メモリシェア値

-NumCpuShares/-NumMemSharesを付けた場合、SharesLevelは自動的にCustomになります。

リソースプール配下にリソースプール作成

形式

$<変数名> = Get-ResourcePool -Location <クラスタ名> -Name <既存リソースプール名>
New-ResourcePool -Location $<変数名> -Name <作成するリソースプール名>

サンプル

$pool03 = Get-ResourcePool -Location testCluster -Name cls1-pool03
New-ResourcePool -Location $pool03 -Name cls1-pool03-01

既存のリソースプールオブジェクトを変数に格納し、その変数をNewのLocationに指定することで、多段のリソースプール作成が可能です。

リソースプールの変更

調査中

リソースプールの削除

調査中

参考

Get-ResourcePool Command | VMware PowerCLI Reference
This cmdlet retrieves the resource pools available on a vCenter Server system.
New-ResourcePool Command | VMware PowerCLI Reference
This cmdlet creates a new resource pool.

まとめ

Power CLIについて下記の記事にまとめていっています。

【随時作成中】VMware vSphere PowerCLIまとめ
どうも、Tです。 以前、esxcliコマンドを使ってESXiホストを設定する際に使用しそうなコマンドをまとめました。 ...

スポンサーリンク
アドセンス1
アドセンス1
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

フォローする