RDCManがないなら、Microsoft リモート デスクトップ(Microsoft Storeクライアント)を使えばいいじゃない

どうも、Tです。

検証などで複数のWindowsにRDPするときにRDCManを使っていたのですが、使えなくなっていたので代替ツールをに変えたので備忘録です。

スポンサーリンク
アドセンス1

事象

RDCManを愛用していたのですが、いつの間にやら脆弱性の問題で公開終了されていました。ダウンロードもできなくなっています。

複数のリモートデスクトップ接続を管理できる「RDCMan」に脆弱性、修正予定はなく公開終了へ/OS標準の「mstsc.exe」またはUWPアプリへの移行を
 米Microsoftは、「Remote Desktop Connection Manager(RDCMan)」の公開を終了した。今月のパッチチューズデーで脆弱性が1件存在するとアナウンスされていたが、修正版の提供予定はないとのこと。代替ツールへの移行が推奨されている。

変わりのツール

変わりのツールを探していたところ、マクロソフト公式のツールでMicrosoft リモート デスクトップ(Microsoft Storeクライアント)を見つけたので試してみます。

Microsoft Store クライアントの概要
Microsoft Store 用のリモート デスクトップ クライアントの基本設定手順。

ちなみにこのツール、マイクロソフト公式なのに「Microsoft リモート デスクトップ」と「Microsoft Storeクライアント」の2つの名称があるようです。

ややこしいので統一してほしい・・・。

インストール

下記の「リモート デスクトップ クライアント」にアクセスして「Windowsストア」の「Microsoft StoreのWindows10クライアント」をクリックします。

「Windowsデスクトップ」の「Windowsデスクトップクライアント」は別もののようなのでご注意ください。
リモート デスクトップ クライアント
すべてのデバイスで使うことができるさまざまなリモート デスクトップ クライアントについて説明します

下記のWebページが表示されるので「入手」をクリックします。

マイクロソフトストアが起動するので「入手」をクリックします。

少し待てばインストールが完了します。

使用方法

アプリを起動したら「追加」をクリックします。

「デスクトップ」をクリックします。

「PC名」「表示名」を入力します。

「ユーザーアカウント」の「+」をクリックします。

「ユーザー名」「パスワード」「表示名」を入力して「保存」をクリックします。

設定した内容で接続情報が保存されます。これをダブルクリックすればリモートデスクトップに接続できます。

接続元→接続先へのファイルコピー設定

接続元から接続先へファイルをコピー&ペーストしようとすると下記の画面が表示されるので「設定」をクリックします。

ファイルシステム設定画面の「リモートデスクトップ」を「オン」にします。

これで、ファイルのコピー&ペーストができるようになります。

参考

RDCManとの別れ、そして新たなリモートデスクトップとの出会い - Qiita
この記事の想定対象読者 システム管理者 Windows Client/Serverを複数抱えている人 複数リモートデスクトップ接続をする人 記事の背景 Remote Desktop Connection Man...

まとめ

下記はできることを試して動きました。

  • 接続元→接続先へのコピー&ペースト(テキスト、ファイル)
  • 接続先→接続元へのコピー&ペースト(テキスト、ファイル)
  • 画面拡大縮小の自動調整
  • グループ分けによるセッション保存

一番不満なのは、接続すると1つのウインドウとして立ち上がること・・・・RDCManほど使い勝手はよくないですが、代替ツールもないのでとりあえずこれをメインに使っていきます・・・。

スポンサーリンク
アドセンス1
アドセンス1
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

フォローする