無料のVeeam Backup & Replication Community EditionをでvSphereの仮想マシンをバックアップしてみた

どうも、Tです。

先日、Veeam Backup & Replication Community Edition(以下VBR)をインストールしてみました。

無料のVeeam Backup & Replication Community Editionをインストールしてみた
どうも、Tです。 検証vSphere環境の仮想マシンのバックアップを無償で取得したいと方法を考えていました。OSSなどのバックアップソ...

今回は、VBRを用いてvSphereの仮想マシンのバックアップを取得してみます。

スポンサーリンク
アドセンス1

環境

今回、下記の環境で確認しています。

vSphere環境

  • VMware vCenter Server:8.0.1.00000(21560480)
  • VMware vSphere ESXi:8.0.1, 21495797

VBR環境

  • バージョン:VeeamBackup&Replication 12.0.0.1420
  • インストール先環境:vSphere上の仮想マシン上のWindows
  • OS:Windows 11 Pro バージョン22H2
  • ホスト名:k-backup

バックアップ保存用ストレージ

  • OS:TrueNAS Scale
  • バージョン:22.12.3.3
  • プロトコル:SMB
  • ホスト名:k-turenas

Veeam Backup & Replication Community Editionの構成

VBRの構成

vSphereの仮想マシンをバックアップする構成では、VBRのバックアップの役割は大きく分けて、「バックアップサーバ」「プロキシ」「リポジトリ」3つにわかれているようです。

Deployment Scenarios - Quick Start Guide for VMware vSphere
You can use Veeam Backup & Replication in virtual environments of any size and complexity. The architecture of the solution supports onsite and offsite data pro...
役割名説明役割先
バックアップサーバVBRがインストールされているサーバ。バックアップ設定などジョブを管理するコントロールセンタの役割を果たす。k-backup
プロキシジョブを処理しデータトラフィックの経由ポイントになる。「VMデータ取得」「圧縮」「重複排除」などを行う。k-backup
リポジトリバックアップファイル保存先(ストレージ)。

「Windows,Linuxなどのローカルディスク」「NAS(SMB、NFS)」「ストレージアプライアンス」「オブジェクトストレージ」などになる。

k-truenas

VBRでは、どのサーバが役割を担うかを設定し、バックアップジョブでどの役割を使うを指定するのが基本的な設定方法になるようです。

VMwareバックアッププロキシ設定

下記のマニュアルに則り、プロキシの設定を行います。今回は、バックアップサーバとプロキシは同居構成のため確認だけ行っていきます。

Step 3. Configuring VMware Backup Proxy - Quick Start Guide for VMware vSphere
The VMware backup proxy retrieves data from the production storage, compresses, deduplicates and sends it to the backup repository. To configure the VMware back...

バックアッププロキシサーバの追加

プロキシの役割となるサーバを追加します。今回は、バックアップサーバと同居のため確認だけ行います。

「Backup Infrastructure」->「Managed Servers」画面を開きます。

「k-backup」が存在していることを確認します。(VRBインストール時に自動的に登録されています。)

バックアッププロキシの役割の割り当て

プロキシの役割を与えます。

「Backup Infrastructure」->「Backup Proxies」画面を開きます。

「VMware Backup Proxy」が「k-backup」になっていることを確認します。(vCenterを接続したときに自動的に作られたかインストール時にすでに役割が割り当てられています。)

バックアップリポジトリ設定

今回は、リポジトリとしてTrueNASのSamba共有を使います。

下記のマニュアルは、ローカルディスクを使う場合の設定方法に記載されていますが、参考に乗せておきます。

Step 4. Configuring Backup Repository - Quick Start Guide for VMware vSphere
The backup repository is a storage where Veeam Backup & Replication keeps backup files and, in case of replication, metadata for replicated VMs. You can use dif...

バックアップリポジトリの役割の割り当て

「Backup Infrastructure」->「Backup Repositories」画面を開きます。

インストール時にk-backupがデフォルトリポジトリとしてすでに設定されています。

外部のSamba共有をリポジトリにしたいため、新しいリポジトリを追加します。

「Backup Repositories」を右クリックし「Add backup repository…」をクリックします。

「Netowrk attached storage」をクリックします。

「SMB share」をクリックします。

「Name」に任意のリポジトリ名を入力し「Next」をクリックします。

「Shared folder」にバックアップファイルを保存するパスを指定します。

「This share requires access credentials」にチェックを入れ「Add」をクリックします。

Samba共有にアクセスするために必要な「Username」「Password」を入力し「OK」をクリックします。

credentialsが正しく選択されていることを確認し「Next」をクリックします。

「Next」をクリックします。

「Limit~~」の項目は、同時タスク実行数や読書速度の調整が行えるようですが、今回はデフォルトで進めます。

「Next」をクリックします。

「Apply」をクリックします。

「Next」をクリックします。

「Finish」をクリックします。

バックアップジョブを設定するときのデフォルトを作成したリポジトリにする?ような確認があります。「No」をクリックします。

リポジトリが作成されたことを確認します。

バックアップジョブ設定

下記のマニュアルに則りバックアップジョブを作成します。

Creating Backup Job - Quick Start Guide for VMware vSphere
Before You Begin Make sure that all backup infrastructure components that take part in the backup process are added to the backup infrastructure. These componen...

詳細なバックアップジョブのマニュアルは下記になります。

Creating Backup Jobs - User Guide for VMware vSphere
To back up VMs, you must configure a backup job. The backup job defines how, where and when to back up VM data. One job can be used to process one or more VMs. ...

「Home」->「Jobs」を右クリックし「Backup」->「Virtual machine…」をクリックします。

「Name」に任意のバックアップジョブ名を入力し「Next」をクリックします。

「Add」をクリックします。

バックアップを行いたい仮想マシンを選択し「Add」をクリックします。CtrlキーやShiftキーを使い複数の仮想マシンを選択することが可能でした。

バックアップ対象の仮想マシンが選択されていることを確認し「Next」をクリックします。

「Backup proxy」「Backup repository」で設定したプロキシとリポジトリを指定します

「Retetion policy」でバックアップファイルを保持しておく日数かリストアポイントを指定し「Next」をクリックします。

「Next」をクリックします。

「Enable application-aware processing」は、SQLサーバーなどアプリケーションのトランザクション一貫性にかんする設定です。詳細は下記を参照ください。

Creating Application-Aware Backup Job - Quick Start Guide for VMware vSphere
Application-aware processing allows you to create transactionally consistent backups. These backups allow you to further restore application items: emails for m...

「Enable guest file system indexing」は、ゲストOS上のファイル・フォルダのインデックス作成に関する設定です。詳細は下記を参照ください。

VM Guest OS File Indexing - User Guide for VMware vSphere
You can instruct Veeam Backup & Replication to create an index of files and folders on the VM guest OS during backup. VM guest OS file indexing allows you to se...

「Run the job automatically」にチェックを付けて、自動バックアップを行う時間を設定し「Apply」をクリックします。

「Finish」をクリックします。

バックアップジョブが作成されました。

バックアップジョブ実施

設定した時間までまてなかったので手動でバックアップを実行します。

バックアップジョブを右クリックし「Start」をクリックします。

画面下部にバックアップステータスが表示されます。

バックアップ処理が進行中の画面です。

バックアップ中は仮想マシンのスナップショットが作成・削除などが実行されます。

vSphere Clientのタスクには下記のように表示されます。

バックアップが完了しました。

バックアップの確認

リストアポイントの確認

過去のバックアップのリストアポイントは、「Home」->「Backups」->「Disk」->「バックアップジョブ名」から確認することができます。

下記は3回バックアップジョブを実行した後なので、リストアポイントが3で表示されています。

取得した時間などは、リストア処理の中でしかみれないようです。

バックアップファイルの確認

Samba共有のほうでファイルを確認してみました。

リポジトリに指定したパスの配下にバックアップジョブ名のディレクトリが作成されています。

バックアップジョブ名のディレクトリ配下にそれぞれの仮想マシンごとにファイルが作成されています。

拡張子の意味は下記になります。

拡張子意味
.vbkフルバックアップファイル
.vib増分バックアップファイル
.vbmバックアップジョブが管理するメタデータ

まとめ

結構いろんなオプションがあるので、少しずつ試してみますかかね・・・。

スポンサーリンク
アドセンス1
アドセンス1
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

フォローする