Surface Book2(Windows10)を初期化してみた

どうも、Tです。

使用していたSurface Book2ですが、ミドルスペックだったのですが、いろいろなソフトをインストールして使いまくっていたら、使い物にならないほどリソースを消費するようになってしました・・・。新しいPCを購入してSurface Book2はサブとして利用するために1度初期化したので備忘録です。

今回は、SSDに入っている回復領域(Windows RE tools)を利用して実施しています。

上記のようなWindows RE tools領域がないようであれば、USB回復ドライブを作るひつようがあるのでご注意ください。

Surface の USB 回復ドライブの作成と使用
Microsoft Surface の USB 回復ドライブを作成し、Windows 10 で使用可能なディスク領域を増やす方法を説明します。
スポンサーリンク
アドセンス1

環境

  • 機器:Surface Book2(SSD 256GB)
  • OS:Windows10 バージョン1903

BitLockerで暗号化済みです。

所要時間

256GBで2時間弱ほどでした。

事前準備

問題はないと思うのですが、OneDriveをはじめとしたクラウドサービスはすべてリンク解除してから実施しました。

初期化方法

Windowsの設定画面を開き「更新とセキュリティ」をクリックします。

「回復」から「このPCを初期状態に戻す」の「開始する」をクリックします。

「すべてを削除する」をクリックします。

可能な限りすべてを消し去りたい+復元困難にしたいので、設定を変更します。

「設定の変更」をクリックします。

「データ消去」を「オン」にして「確認」をクリックします。

設定内容が変更されていることを確認し「次へ」をクリックします。

「リセット」をクリックします。BitLockerはオフになるようなので注意しましょう。

初期化の準備が始まり、自動的に再起動後に初期化処理が始まります。

初期化後設定

初期化が完了すると自動的にセットアップウィザードが開始されそのあとの設定です。

  • セットアップウィザードの設定
  • Officeなど必要なソフトのインストール

参考

Surface で Windows 10 を復元またはリセットする
Surface Pro モデル、Surface 3、Surface Studio、または Surface Book に問題がある場合は、新たに開始、復元、リフレッシュ、または出荷時の設定へのリセットを試してください。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/manufacture/desktop/windows-recovery-environment–windows-re–technical-reference

まとめ

回復領域があれば割と簡単にできました。USB回復ドライブとか作るのはちょっと面倒そうですね。

スポンサーリンク
アドセンス1
アドセンス1
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

フォローする